昭和テレビ大全集 ぢゃない

昭和のテレビに関する四方山話

「やめられない とまらない」 かっぱえびせん名コピー誕生の知られざる話(番外1) カルビーの見解について

 この稿も4まで書きましたところで、ワタクシは一方的な書き物に些かの懸念も有ったので、カルビーに対して質問書を送りました。

 日付は4月18日で、一ヶ月程度の猶予を設け、当方の質問への回答と意見を求め、返信が無い場合はその旨を書かせて戴きますという内容でした。

 質問は以下の4点でした。

 

  1.  貴社としましては、昭和39年に大広が宣伝を担当したという認識なり記録、伝承はお有りでしょうか。
  2.  日高様が名乗られて後、貴社は度々件の惹句や歌の発祥に関して独自の見解描写を各媒体でされていらっしゃいますが(例:日本テレビDON等)、それは貴社内、電通、アストロミュージック等の関係各社に聞き取り等を行っての事だったのでしょうか。
     件の惹句発祥に関する、何か貴社なりの確たる見解をお持ちなのでしょうか。
  3.  当方で上記記事を書くような事につきましての、ご意見等がございましたら伺いたいです。
  4.  このやりとりを上記サイトにて公開する事に異議はございませんでしょうか。ございます場合は、公開用のご意見を伺えればと思います。およそ一ヶ月程度の様子を見まして、何も返信がございません場合は、この文面をそのまま公開し、返信が無かった旨を公開させて戴きます。返信は末尾に御座いますメールアドレス宛でも結構でございます。

 

 「上記記事」というのは、当ブログと、本家の私的昭和テレビ大全集に於けるカルビーかっぱえびせんの稿の事です。

かっぱえびせん (1964) - 私的 昭和テレビ大全集

 メールアドレスは末尾に記載した他に、ブログURLとQRコード、本名、住所、電話番号、メールアドレスを記載した名刺も同封しました。

 日高さんにはカルビー宛に送付後に内容をPDFで送り、了解を取り付けています。

 

 該当部署がよくわからなかったので、もしかしたら違う部署に送ってしまったのかもしれません。

 ワタクシは底辺労働に従事する学の無い人間ですから、大企業様の理解する書式から多少は外れた内容が、何か有ったかもしれません。

 その場合はその旨を、また、返信する必要を認めない場合もその旨を、知らせてくれるのがワタクシの中での大企業の常識でした。

 ですがカルビーは、完全に無視しました。勿論、記録郵便で送っておりますし記録は残っております。

 

 実は日高さん側がワタクシに見せて下さった資料の中には、カルビー側の木で鼻を括ったような応対が見て取れ、それに対してこれまで紹介しましたような日高さん側の証言者の人が、憤怒の姿勢を見せてもいるのです。

 ワタクシはそのような部分を相手側の言い分も無しに公開するのはためらわれましたので、先に言い分を伺おうとしたのですが、結果としましては、ワタクシまで非常に不愉快な応対をされました。

 返信する気は無いなら無いと回答するだけでも整うと思いますし、通常、社会的にはそのような最低限の応対はするものでしょう。

 これが朝日新聞相手だったら、間違い無くカルビーは完全無視などせず、何も申し上げる事は有りませんくらいの回答は必ずするはずです。

 要するに相手を、ワタクシを見下しているのだと判断します。

 

 事ここに至りまして、カルビー側の世間的心証を悪くしかねない日高さん側とのやり取りも、ワタクシは公開しようかと考えています。

 日高さんは、カルビーには恩も有るし、今後の事も有るからと、そうした行動には否定的です。

 ワタクシとしましては、日高さんと少し相談しながらとはなりますが、そのような姿勢でこれから行くしか無いと思っております。

 

 これはワタクシ一人の推測なのですが、恐らくカルビーは、電通を慮っているのでしょう。

 大広は、実際に手掛けていたとしても半年かそこら。

 対して電通は数十年ですし、実際に売り上げが激増したのも電通となってからです。

 その電通の成果の根本を横取りされては申し訳無いくらいの感覚なのかもしれません。

 それならそれで、内々にでも認めてくれれば間違い無く日高さんは納得していたはずですし、実際に両者が話し合っていた当初はそのような社内報次元での話で、日高さんはそれを大層喜んでいたのです。

 その時点では、日高さんは著作権云々など全く眼中に無く、あくまでも発案者として認めて欲しいというだけの話だったのです。

 この辺は、後で証言も掲載していきたいと思います。

 

 ですが事ここに至り、ワタクシは日高さんに、もう著作権で争った方が早いかもしれませんねと申しました。

 カルビーは、実力が有る存在しか顧みないのだろうと思います。

 初代社長の頃はそうではなかったのでしょうが、現在はかなり異質な機構改革が進んでいるように、BSフジの番組でやっておりました。

 売り上げは激増したのでしょうが、構造的には従来の日本企業の形とはかなり異なり、良く言えば非常に先進的になっています。

 ですからワタクシの質問書も、きちんと検討されてはいないのでしょう。

 

 ともかく、日高さんもワタクシの言葉が契機というわけではなく、以前から検討してらしたようで、著作隣接権であたってみるようなお話が出て来ました。

 部外者のワタクシも、日高さんたちも、誰一人望んでいなかった法的な争いになっていくかもしれません。

 ここでも、日高さんの許可を取りながら、経緯をお知らせしていきたいと思います。

広告を非表示にする